シェ松尾・松濤レストラン ロッシーニロッシーニ
牛ヒレとフォワグラの濃厚な味わいに、トリュフの香りが絡み合う

 渋谷区松濤、喧噪を離れた高級住宅街に佇む蔦が絡まる一軒家。そこにあるのは、木漏れ日が揺れる優雅な別世界。フランス語で「松尾邸」という名の通り、知人の邸宅に招かれたようなやさしいホスピタリティに溢れています。
 日本人で初めてアルパジョン料理コンクールで金賞を獲得した松尾幸造氏が、オーナーシェフとして開いた最初のフランス料理店「シェ松尾・松濤レストラン」。現在料理長を務める棟田隆氏が、創業者から受け継いだ正統派フレンチに、独自の感性と技を加えて新しいクリエイションを届けています。長年ゲストを楽しませているスペシャリテは、フランスの最高峰ともいわれるメニュー「ロッシーニ」。特選和牛ヒレ肉の中心部分を使用し、その上にランド産のフォワグラをのせてオーブンで焼きあげます。フォワグラの脂の香りをまとった牛ヒレ、フォワグラ、黒トリュフスライスの三重層に、温かいペリグーソースをかけて仕上げます。
 クロッシュ(銀の蓋)で覆われた「ロッシーニ」が目の前で開けられた瞬間、閉じ込めていた香りとともに思わず歓声があがります。口に含むと、トリュフとフォワグラの香りが鼻から抜けて、噛みしめるごとに和牛のうま味を感じます。一度は訪れたい名店のスペシャリテ。中庭の緑を眺めながらお楽しみください。

料理長 棟田 隆氏
「30数年前からあるフレンチレストランの料理長を務めることを誇りに思います。時代は変われど、フランス料理の基本を忠実に守り、自身の感性を織り交ぜながらお客様の喜ぶ一皿を作っていきたいと思っています。」

インペリアルルーム

▲皇室ゆかりの特別個室インペリアルルーム。大きな窓からは、庭の豊かな緑が見渡せます。

松尾の庭

▲気候の良い日には、デザートやアペリティフを「松尾の庭」で楽しんでいただけます。

シェ松尾・松濤レストラン

東京/神泉

フランス料理

所在地 東京都渋谷区松濤1-23-15

電話番号 03-3485-0566


上質空間の掲載店舗一覧を見る