特集

料理の最後まで幸せにしてくれるデザート

銀座割烹 里仙

日本料理の真髄を堪能できる銀座の割烹。食後の手土産に評判の「六彩味最中」は、日本料理マイスターとスイーツマイスターの称号をもつ料理長が生み出したもの。6つの餡を詰め込んだ、季節の移り変わりを楽しめる逸品です。

(昼) 2,000円 (夜) 15,000円

ルポンドシエル

フランスの名店とコラボレイトするグランメゾン。洗練された空間で食後に提供される10月のデザートは、イタリア産栗を使ったモンブラン、青森県産リンゴを使ったタルトタタン。ほどよい甘さと軽やかさが、さすが絶品です。

(昼) 7,000円 (夜) 16,000円

揚州飯店 本店

横浜中華街の老舗上海料理店で楽しめるデザートは、カスタード餡入り揚げまんじゅう。自家製カスタード餡を生地に包み、外はカリッと、中はふわとろの食感に揚げたもの。ハリネズミに見立てた可愛らしいフォルムも人気です。

(昼) 3,000円 (夜) 10,000円


テーマ特集の掲載店舗一覧を見る